船橋市 四街道市 千葉市周辺 の 遮熱材 リフレクティックス の事なら川代工務店

川代工務店 本文へジャンプ


有限会社 川代工務店
千葉県千葉市若葉区 小倉町849-2
TEL:043-308-7315
FAX:043-308-7314

リフレクティックス(遮熱材)


遮熱材とは

 一般的に熱の伝わり方には伝導、対流、輻射の3種類があります。難しく書いてありますが、この3つを生活の中で感じる例として以下のようなものがあります。


伝導: フライパンを火にかけると直接火に触れていない部分も熱くなっ ていると思います。この様に物体を通じて温度の高い部分から温度の低い部分へ熱が移動することを伝導と言います。
対流: 北風が吹けば寒くなります。これは北にあった冷えた空気が 風で運ばれてくるために起こる現象で、この大気中の熱の移動が対流です。
輻射: 陽の光に当ると温かく感じます。これは太陽から光などの電磁波が出ており、この電磁波を吸収することで熱が伝わります。この様な現象を輻射と言います。

 この3種類の熱移動の比率は全体を100%とすると気象条件によって変化は有りますが、熱伝導が5%、対流熱が20%、輻射熱が75%と言われています。断熱材は伝導熱を主にカットすることを目的にしています。一方、遮熱材は熱移動の半分以上を占める輻射熱に特化してカットする材料です。

簡単に説明すると

 一般的な断熱材は熱の伝導をできるだけ少なくして、熱の移動を抑える事を目的としています。一方、遮熱材は太陽光などから放射される熱を反射することによって入ってくる熱の量を少なくして建物に加わる熱を抑えます。
リフレクティックス 概要


リフレクティックスとは

 リフレクティックスの寸法は7.93mm×1220mm×38mとなっており、厚さが約8mmと一般的な断熱材と比べて非常に薄い材料です。遮熱材だからこその厚さであり、国土交通省不燃認定品ですので国から認定を受けた信頼できる材料です。

 リフレクティックスの構造は、アルミホイルとポリスチレン製の緩衝材を重ね合わせた物です。これだけで本当効果があるのかと感じると思いますが効果は絶大です。詳しくは、実際に効果を測定しましたので、是非ご覧下さい。 リフレクティックス




 すばらしい効果を発揮するリフレクティックスですが、実際に使ってみると、強い熱には効率よく遮熱できるのですが、長時間の弱い熱に対しては効果が低いと感じますので、当社では断熱材に加わる熱を少なくし、室内の温度変化を抑えるめにリフレクティックスを使っています。そうすることで熱効率がよくなり、冷房、暖房費を少なくできますのでエコロジーかつ光熱費を節約することができます。


施工過程



リフレクティックス 施工過程1 リフレクティックス 施工過程2
断熱材、リフレクティックスはまだ設置していない状態です。 断熱材を敷き詰めて、その上にリフレティックスを敷いていきます。

リフレクティックス 施工過程3 リフレクティックス 施工過程4
ほぼ全体に敷くとこのようになります。 リフレティックスの上に空気層を取った後、瓦残打ちをします。

リフレクティックス 施工過程5 リフレクティックス 施工過程6
これで屋根は完成です。 壁にも同様に敷き詰めていきます。


ホーム

 サイトマップ   Copyright (c) 2015 kawadai koumutenAll rights reserved.