千葉市 四街道市 船橋市 の 高気密 高断熱 住宅の事なら川代工務店

川代工務店 本文へジャンプ


有限会社 川代工務店
千葉県千葉市若葉区 小倉町849-2
TEL:043-308-7315
FAX:043-308-7314

高気密・高断熱


 高気密・高断熱住宅とは熱の損失をできるだけ減らすために断熱を十分に行い、その熱が逃げないように隙間を極力少なくした住宅のことです。つまり、屋内と屋外の温度差があったとしても家に隙間が無く、断熱性も高いことから屋内の温度を一定に保つことのできる住宅です。

 しかし、高い気密のため空気の移動が無くなり淀んでしまい臭気や炭酸ガス濃度などが高くなります。そこで、24時間の計画換気を行い空気を循環させます。また、2003年7月から建築基準法で機械換気が義務化されています。現在は、熱交換器によって新鮮な空気と淀んだ空気を常時交換しています。また、エアコンと連動させることにより、冷・暖・除湿を行い熱交換器と連動させて室内の温度を一定にするシステムです。


高気密・高断熱 概要



遮断性

高い断熱性から夏の暑さや
冬の寒さから部屋を守ります

自然エネルギーの利用

保温性が高いので太陽光など小さな熱源でも効率よく取り入れることができます。

壁内通気・壁外通気

建物にとって大敵である結露を起こしにくく、壁内通気・壁外通気によって常に乾燥した状態を作ります。

木材の耐久性

壁の内外を通気させることによって、木材を常に乾燥した状態に保ち、家の耐久性を向上させることができます。

省エネルギー

温度変化が少ないため、夏の冷房費、冬の暖房費が軽減され一年を通して省エネルギーが可能です。

気密性

高い気密性を得ることによって、室内の保温性を高めます。




 この様に高気密・高断熱住宅では、年々暑さの厳しくなる夏や朝目覚めるのが辛くなる冬の寒さを防ぎ、季節の温度変化を少なくすることで一年中過ごしやすい気温を維持することができます。そのため、夏の冷房費や冬の暖房費も抑えることが出来ますので、経済的でエコな住宅になります。
また、壁の中が乾燥しているので木材を良い状態で維持ができ、耐久年数の高い家を造ることが出来ます。



 当社は千葉でもいち早く高気密・高断熱住宅を取り入れ、その長い施工経験や長年住んでいるお客様の声から高気密・高断熱住宅の良い部分も悪い部分も理解しています。
 その経験を基に施主様の家造りのアドバイスもさせて頂きます。



施工過


高気密・高断熱 施工過程1 高気密・高断熱 施工過程2
耐力壁を取り付けた状態です。基礎も気密加工を施してあります。 壁に気密シートを張ります。

高気密・高断熱 施工過程3 高気密・高断熱 施工過程4
気密シートの上に断熱材を張ります。(外断熱工事) 外壁に通気層を取ります。(外壁下地工事)

高気密・高断熱 施工過程5 高気密・高断熱 施工過程6
内部も同様に気密シートを張り、換気ダフト工事を行います。 次に冷暖房ダフト工事です。熱効率向上の為に断熱材を巻きます。

高気密・高断熱 施工過程7

熱交換器と取り付けて工事が完了します。



ホーム


 サイトマップ   Copyright (c) 2015 kawadai koumutenAll rights reserved.